カテゴリー別アーカイブ: 巻頭言

観光の意義

            本会副会長 木下博夫 地球上には現在七十億を超える人達が活動している。そして昨年はその営みにより激化 している温暖化現象をめぐって、若い世代が積極的に行動し、意思表示をし始めたことが 話題になった … 続きを読む

“惻隠の心と恕”

                        副会長 井上 礼之 中国戦国時代の儒学者である孟子の言葉に「惻隠(そくいん)の心は仁の端(たん)なり」 という言葉があります。 「幼い子供がよちよちと井戸に近づいていくのを … 続きを読む

年頭自警

一・年頭まず自ら意気を新たにすべし 一・年頭古き悔恨を棄つべし 一・年頭決然滞事を一掃すべし 一・年頭新たに一善事を発願すべし 一・年頭新たに一佳書を読む始むべし

令和の年を迎えて靖国神社参拝を考える      

  本会参与     井上昌幸  今年の五月一日に御代替わりとなり、令和の年を迎え、即位の礼が挙行されました。 昭和五十三年(一九七八)にA級戦犯が合祀されて以来、歴代天皇は靖国神社への 御親拝をされていません。 何故こ … 続きを読む

「士規七則」に込められた吉田松陰の思い

本会理事  田中 昭夫 一、凡そ、生まれて人と為りては、宜しく人の禽獣に異る所以を知るべし。 自らも、十代後半で学窓と親元を離れて社会の仲間入りをして、一番困ったのは何を 根拠にして判断を下して、事を処すれば、世間の皆さ … 続きを読む

「ユネスコ世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群に想う」

安岡正篤研究会会長 浅利一郎 去る七月六日ユネスコ世界遺産委員会は大阪府百舌鳥・古市古墳群49基を一括 して世界文化遺産として登録することになった。 大阪府での世界遺産は始めてであり、地元堺市や羽曳野市はもとより、大阪府 … 続きを読む

大型首脳会議開催に想う

副会長 木下 博夫 ・最近、内外の関係者に会うと、東京オリンピック開催の進捗状況についての話題が出る一方で、大阪・関西地区に期待する発言が多い。先般のG20の成果、そして2021年5月に開催される生涯スポーツ世界大会であ … 続きを読む

“令和の時代に”

                 本会 副会長 井上礼之 新元号、令和を迎え3ヶ月が経ちました。 ご承知の通り「令和」は1200年余り前に編纂された日本最古の歌集で、我が国の豊かな 国民文化と長い伝統を象徴する国書「万葉 … 続きを読む

「御代替わり」『今上天皇に期待する』

                            本会理事 谷﨑 利男  昭和から平成の御代替りの即位は昭和天皇の崩御による即位で、国全体が喪に服し ており、抑えた形の即位だったようですが、今回の即位は、上皇が譲位 … 続きを読む

新元号に思うこと  

               本会 編集長 井上昌幸 本年五月一日から新元号「令和(れいわ)」となりました。  西暦604年(推古12年)に聖徳太子が憲法十七条を制定され、第一条に 「和を以て貴しとなし…」という言葉が述 … 続きを読む