カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

自然訓

一・ 人は一つの自然である。我々は自然の如く真実でなければならぬ。 一・ 自然は健やか(健)である。我々も常に怠ることなく努めよう。 一・ 自然は造化である。我々もかたくな(固陋)にならず、一生自己を進化してゆこう。 一 … 続きを読む

乱世に生きる道(素心規)

一・ 禍が福か、福が禍か、人間の私心でわかるものではありません。長い目で見て、正義を守り、陰徳を積みましょう。 ニ・ 困窮に処するほど快活にしましょう。窮すれば通ずる、また通ぜしめるのが易(造化)、宇宙・人生の真理であり … 続きを読む

348)師友信条(8)

我々はこの濁世に在って水の如く、体清んで物を洗い、濁りを受けて物を 浄める ようにありたいものである。 一・ 常に身体を清浄にしよう。 ニ・ 常に精神を清浄にしよう。 三・ 常に居住を清浄にしよう。 四・ 常に家庭を清浄 … 続きを読む

共生の精神と克己心が人類を救う

本会会長 井手正敬  約15年程前に、「世界人口の増、オゾン層の破壊、温暖化、異常気象、砂漠化等の 地球の危機、人間の危機が続けば、人類はあと100年以内に滅亡する可能性があり、 21世紀は人類最後の世紀になるかもしれな … 続きを読む

太宰府天満宮

一千年の緑のしずく。「木々の緑をつたって、光が降りそそぐ。千年を生きぬいた大樹からも、萌えるような新緑からも、生命力の輝きが、ほとばしっている。天神さまのやさしさが、あなたの上に、降りてくるように」。 太宰府天満宮は、菅 … 続きを読む

師友信条(7)

一・ 物識りよりも物分かりが肝腎であります。 ニ・ 得なことよりも正しいことが根本であります。 三・ 財よりも信が大切であります。 四・ 退屈せず、絶えず仕事に心身を打ち込みましょう。 五・ くよくよせず、いかなる苦労も … 続きを読む

師友の信條(3)

一・ 我々は、深き伝統的根柢に立つ堅実にして日新の成長繁栄を期する。 ニ・ 我々は、悪を除くには急進的で、善に対しては保守的でなければならぬ。 三・ 我々は我々の本業を通じて徳義の世界を実現せねばならぬ。 四・ 物質と経 … 続きを読む

「平成最後の歌会始における御製に思う」

関西師友協会安岡正篤研究会会長浅利一郎 本年は今上天皇のご譲位と皇太子殿下のご即位が行われる日本の新しい歴史の始まりの年で ある。 最近はいろいろな行事も平成最後の行事として紹介されることが多くなってきた。 その一つとし … 続きを読む

日本三大八幡 筥崎宮

筥崎宮は筥崎八幡宮とも称され、宇佐八幡、石清水八幡の両宮とともに日本三大八幡宮に数えられている。その本殿は北西を向き、博多湾そして遥か大陸を望むところに鎮座されている。 御祭神は筑紫国蚊田の里、現在の福岡県宇美町にお生ま … 続きを読む

師友信條(1)-2

六・ 我々は、平等を望みます。それは真理と機会とにあずかる平等であって、尊敬と報酬の平等ではありません。 七・ 我々は、新しい時代の感覚と教養とを持つと共に、好い意味での日本風・東洋風なところのある人柄を愛するものであり … 続きを読む