カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

自ら反る

孟子は“自反”を説く。自ら反(かえ)ることは人間哲学の厳粛な根本理法の一つだ。 自ら反らざれば、自ら反(そむ)くことになる。国家・個人を問わず問題の原因は 偏(ひとえ)に外に帰することは潔くない。いかなる時も人間としての … 続きを読む

教 化

学問が真に身につくと、教学は人を化する。が、その教化や易俗を 誰もが口にして、実は口先だけのことだ。 大抵等閑に附し、文部大臣のことを伴食大臣などと軽視する。だが 教化とは深遠な言葉であることを知らねばならない。 現代政 … 続きを読む

下野國一之宮 宇都宮二荒山神社

下野國一之宮 宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ) 北関東最大の都市宇都宮市は、全国50万人以上の28都市中、「住みよさ」順位五年連続一位(2013~2017)の評価を受けた。その街の中心、小高い臼ヶ峰(う … 続きを読む

「士規七則」に込められた吉田松陰の思い

本会理事  田中 昭夫 一、凡そ、生まれて人と為りては、宜しく人の禽獣に異る所以を知るべし。 自らも、十代後半で学窓と親元を離れて社会の仲間入りをして、一番困ったのは何を 根拠にして判断を下して、事を処すれば、世間の皆さ … 続きを読む

エリート

如何なる厳しい局面に対処するにも、疲れることのない滾々たる精神的源泉を養うということ、これがいつの時代にあっても青年への根本的要請である。 それには先ず、見失っている自己の、人間の、また時代・社会の内面的な、ある深いもの … 続きを読む

敬と恥

敬と恥とは儒教の根本観念である。“敬”は人間がより偉大なるものの引接 に会うて自ずから発する心であり、これと相待って自らを省する所に生ず る心を“恥” という。この敬と恥の本能が、人間の学問・文化を発達せしめ て来た。 … 続きを読む

「ユネスコ世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群に想う」

安岡正篤研究会会長 浅利一郎 去る七月六日ユネスコ世界遺産委員会は大阪府百舌鳥・古市古墳群49基を一括 して世界文化遺産として登録することになった。 大阪府での世界遺産は始めてであり、地元堺市や羽曳野市はもとより、大阪府 … 続きを読む

読 書

徳川時代から明治にかけて特に流行った書の一つに『世説新語』がある。 これを読むと、人間とはいかなるものか、如何にあらねばならないかという ことが、おもしろくわかってくる。 読書・思索は無心でやるのが良い。金剛経にいう、“ … 続きを読む

知知夫国の総鎮守 秩父神社

秩父盆地は周囲を秩父山地に囲まれ、中央部は古代より政治・経済の中心地として開かれ、その総鎮守と篤い崇敬をうける秩父神社は、清新の気あふれる広大な神域「柞(ははそ)の森」を背後に控え鎮座されている。 当社は平安初期の「先代 … 続きを読む

大型首脳会議開催に想う

副会長 木下 博夫 ・最近、内外の関係者に会うと、東京オリンピック開催の進捗状況についての話題が出る一方で、大阪・関西地区に期待する発言が多い。先般のG20の成果、そして2021年5月に開催される生涯スポーツ世界大会であ … 続きを読む