カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

酒を飲み方も一つの学問

安岡正篤先生のお酒の飲み方について、多くの方々が異口同音に、姿勢も 飲みっぷりも見事なものであった、と。 杯を口に運んでからテーブルに戻す置き方まで、全て理にかなっていたと 感心している。 このことについて、お側にずっと … 続きを読む

伊豆国一宮  三嶋大社

富士山の伏流水が湧き出し、「町中を水量たっぷりの澄んだ小川が…隈なく駆けめぐり 清冽な流水の底には 水藻が青々と生えて…」と太宰治が記した「水の都、三島」、その中心部に鎮座する三嶋大社。 御祭神は大山祇命・積羽八重事代主 … 続きを読む

皇室の祭祀に思う

本会安岡正篤研究会会長 浅利一郎 天皇陛下が譲位のご意向を述べられて早や九ヶ月が過ぎた。 そのご意向に添いつつも日本の長い歴史と伝統を維持してゆくためにどういう方法がふさわしいのか政府の有識者会議で論点整理 が発表された … 続きを読む

古の教え

朱子曰く。 「古の小学は、人を教えるに、灑掃・応対・進退の節、親を愛し長を敬し師を尊び友に親しむの道を以てす。皆、終身・斉家・治国・平天下の本たる所以にして、而して必ず其れをして講じて、之を幼稚の時に習わしめ、その習い、 … 続きを読む

気がかりなことを調べてみると

先日、古典活学講座「東郷平八郎」で話す機会を頂いた。彼は8歳の時より二人の兄と共に西郷吉次郎(隆盛の弟)に習字を教わっている。そこでふっと思ったことは、「東郷家と西郷家は名前が表しているように東西関係にあるのか」と。早速 … 続きを読む

朝こそ すべて

我々の日常生活の中にも常に機というものがある。 それを活かすことが重要だ。人は “ここだ”と思うものをつかんだ時に 急に生き生きとしてくるものだ。 一日24時間、朝があり昼が来て夜になる。一日がただ機械的に過ぎて、 それ … 続きを読む

時務講座のご案内

トランプ大統領の米国第一主義とEUの混迷、露中の思惑、北朝鮮のミサイル発射による恫喝等、世界情勢は急展開をみせている。 このような世界情勢の中で、今までの日本の外交と活動をどう理解するか。 その上で、日本の現状と立場を認 … 続きを読む

茶の飲み方

煎茶は三煎する。 湯加減して一煎で甘味が出る。二煎目で苦味、この苦味の中に甘味がある。 苦いタンニンの中からカテキンという甘味が抽出される。 三煎でカフェインの渋味がでる。これを味わうのが煎茶の法だ。これを無視 すると文 … 続きを読む

大丈夫の態

富士山本宮浅間神社