カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

道徳教育は知識教育ではなく実践教育を

本会理事 安岡正篤研究会会長 浅利 一郎 今年四月から小学校の道徳が教科(中学校は三十一年)としての授業が始まることになっている。 そこで学校の先生方もどのように授業を進めるべきか、また学業の評価をどのようにするのかいろ … 続きを読む

宗 像 大 社

平成二十九年七月、宗像大社を構成する三宮(さんぐう)とその祭祀を担った宗像一族の古墳群が、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として世界遺産に登録された。 「日本書紀」神代巻によれば、天照大神の御子神(みこがみ)としてお … 続きを読む

教育の本義

教育に、間に合わせ主義の、あまり実用的・功利的・職業的は有害である。 人間はいかに物質を必要としても、人はただ衣食ばかりに生きているので はない。 もっと理性的・精神的存在である。物質や生活に捉われすぎると、かえっ てそ … 続きを読む

「誠を尽くす」

物事がだんだんこんがらがって、始末がつかぬことになってくれば、速く始めに返るなり、根本に返ることが大切です。 人生も同じこと、よく初心忘るべからず、ということが言われますが、折角若い頃、純真な理想を抱いて世に発足した者も … 続きを読む

「人心の誠」

人心の「誠」というものは、やはり不滅のものであって、時に臨んで思わぬ発露をみるものである、と深く感じさせることがある。 「学に志す者、規模を宏大にせねばならぬ」と西郷南洲も教えているが、政治に関しても、 「国の凌辱させる … 続きを読む

善根寺春日神社

善根寺(ぜんこんじ) 春日神社 大阪と奈良を分つ生駒山地、その西に河内平野を望む尊上山。その麓には古人が利用した直越え道の登り口、そして清らかな緑の風が社叢を揺らし、明るい光が神域を照らすところ春日神社は鎮座されている。 … 続きを読む

「関西発のパラダイムシフト」

                  本会副会長  木下 博夫 二月中旬毎年恒例の「関西財界セミナー」が今年も開催され、五十六回目になる。 関西の財界関係者、各国公使をはじめとして大学、教育関係者七百名ばかりが参加 し、厳 … 続きを読む

時世と人物

おしなべて現代政治家の根本的弱点は、その余りに人を知らぬこと、人を持たぬこと、人を見ぬこと、人を使えぬことに在ると思う。 政治は畢竟、人を動かし、世を動かすことである。 従来久しく個人主義流行の世の中であったから止むを得 … 続きを読む

“禍因”(失敗は得意の時)

「成功、常に苦心の日に在り。敗事、得意の時に依る」 という一聯がある。常とか苦心という字が時に相違するが、意味に変わりはない。痛切なのは後の句だ。大抵失敗すれば原因を他に帰しがちで、なかなか自分に省みようとしない。 然し … 続きを読む

信州・戸隠神社 御本宮

信州・戸隠山 戸隠神社 霊山戸隠山の麓、そこには太古より、神の山・神の森・神の水が…その清爽な神域の中、戸隠神社の奥社(おくしゃ)(御祭神・天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)・中社(ちゅうしゃ)(御祭神・天八意思兼命 … 続きを読む