カテゴリー別アーカイブ: 関西師友誌

令和元年10月号 関西師友誌内容

令和元年10月号 関西師友誌内容 ①安岡教学の研修(連載) ■「政教の原理・大学新講」四 ②見識・情緒の向上拡大(連載) ■随想 「巻頭言『ユネスコ世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群に想う」安岡正篤研究会会長 浅 … 続きを読む

武蔵一宮 氷川神社

氷川神社の参道は、中山道の一の鳥居から北へ約2㎞にわたり続き、その両側には美しいケヤキ並木が並ぶ。広大な境内には、楼門・舞殿・神橋あり、池水満々その眺めは美を極め、霊気高らかなところ氷川神社は鎮座されている。 当社は社記 … 続きを読む

令和元年9月号 関西師友誌内容

令和元年9月号 関西師友誌内容 ①安岡教学の研修(連載) ■「政教の原理・大学新講」三 ②見識・情緒の向上拡大(連載) ■随想 「巻頭言『大型首脳会議開催に想う』」本会 副会長 木下 博夫 「西郷隆盛と安岡正篤先生④」神 … 続きを読む

知知夫国の総鎮守 秩父神社

秩父盆地は周囲を秩父山地に囲まれ、中央部は古代より政治・経済の中心地として開かれ、その総鎮守と篤い崇敬をうける秩父神社は、清新の気あふれる広大な神域「柞(ははそ)の森」を背後に控え鎮座されている。 当社は平安初期の「先代 … 続きを読む

武蔵総社 大國魂神社

東京都のほぼ中央に位置する府中市は、古より武蔵国の政治・経済・文化の中心地として国府が置かれたことに由来する。武蔵府中とも呼ばれ、そのキャッチフレーズは「ほっとするね、緑の府中」と口ずさまれ、その中心部に国の天然記念物に … 続きを読む

令和元年8月号 関西師友誌内容

令和元年8月号 関西師友誌内容 ①安岡教学の研修(連載) ■「政教の原理・大学新講」二 ②見識・情緒の向上拡大(連載) ■随想 「巻頭言『令和の時代に』」本会 副会長 井上 礼之 「西郷隆盛と安岡正篤先生③」神渡 良平 … 続きを読む

甲斐國一宮 浅間神社

「くだもの王国山梨」は、桃・ぶどう・すももの生産量が日本一として知られ、その中央部は東西に長い逆三角形の盆地で、周囲を奥秩父山地・御坂山地・赤石山脈(南アルプス)に囲まれ甲府盆地と呼ばれている。その東部、「日本一桃源郷」 … 続きを読む

令和元年7月号 関西師友誌内容

令和元年7月号 関西師友誌内容 ①安岡教学の研修(連載) ■「政教の原理・大学新講」1 ②見識・情緒の向上拡大(連載) ■随想 「西郷隆盛と安岡正篤先生②」神渡 良平 「世界の話題(346)『共同体再建が急務』」伊原 吉 … 続きを読む

令和元年6月号 関西師友誌内容

令和元年6月号 関西師友誌内容 ①安岡教学の研修(連載) ■「王陽明先生と現代」7 ②見識・情緒の向上拡大(連載) ■随想 巻頭言「新元号に思うこと」編集長 井上 昌幸 「西郷隆盛と安岡正篤先生」①神渡 良平 「世界の話 … 続きを読む

筑後国一の宮  高良大社

筑後平野を一望のもとに見おろす高良山。そこは古より、宗教・文化の中心として、また軍事・交通の要所として重要視され、景行天皇・神功皇后・懐良親王(かねながしんのう)・豊臣秀吉等国づくりの歴史の舞台でもあった。高良大社はその … 続きを読む