カテゴリー別アーカイブ: 青年

交友の心得

「論語・学而第一」に「曾子(そうし)が言われた、私は毎日幾度となく反省する。私は人の為に真心を尽くしただろうか。友達とのつきあいにおいて、根本的に大事なことは、信義を守るということだ。その信義に不足するところはないだろう … 続きを読む

親切の限度

中学生の頃、先生からこんな話があった。「人生30歳までは準備期間だ。次の30年間は社会にお役に立つ時期だ。後の時間は自分を楽しむことだ」と。安岡正篤先生の書「東洋倫理概論」にも人生生き方のポイントが記されている。私は今「 … 続きを読む

生を養わんとする心を養う

私たちは、日常なにげなしに飲食をしているが、この意味を考えているだろうか。ただ喉が渇くから水を飲む、腹が減ったから飯を食う。これでは動物と変わらないのではないか。 まず、私たちが生きるためには、他の動植物の命を戴いて我々 … 続きを読む

困難な境遇の時こそ、人格が問われる

東日本大震災に際し、外国メディアは次のように報じた。 「東北地方の人々は厳しい条件化で、冷静かつ忍耐強く、互いに助け合うなど、 素晴しい態度だ。日本が持つ最良の側面を見せている」と。 安岡正篤先生著「日本精神の研究」の冒 … 続きを読む

世道興隆

過去から現在へ縦の継承を重んじるのは日本人の根本精神である。 偉人や英霊を崇拝しそれに倣い近づこうとし精神を受け継いで行く。 偉人といわれる人は生きている時も大きな功業を立て、衆望を 集めており、死んだ後も益々後世の人々 … 続きを読む

人物を磨く

どうすれば人物が養えるか 人物学を修めるには、第一に人物に学ぶことが大切です。 できれば現在生存している人物が望ましいが、尊敬できる人物を見つけること は大変難しいことです。 そのような場合は、人物の伝記を読んで古今東西 … 続きを読む

学びて時に之を習う。亦説ばしからずや。

論語の最初の言葉である。  一般的には、これを、学んで、時々思い出しては復習すると言うのは、 なんと嬉しいことではないか、と言う風に時を時々、という意味に解していた。  安岡先生は、「時にこれを習う」を深く解釈して、時を … 続きを読む

敬すれば則ち心精明なり

これは佐藤一斉先生の教えである。この意味は「心に敬があれば、妄念を起こさないから、心はいつも純粋でまじりけがなく、はっきりと明るい」という意味である。「敬」という文字は「恥」と対比されるもので、敬の心があってはじめて恥の … 続きを読む

黎明、朝こそすべて

黎明、夜明けの一時は森閑として、静寂そのものである。 実は今朝も、調べることがあって、四時に起きたのです。暗闇から次第に明るくなって、何んとも言えぬ好い気持ちである。ふっと私は暁という字を思い出した。 これはあきらかとい … 続きを読む

青年の理想像

青年は意気地のないことや、だらしのない身持ちを恥じて、熱烈な理想をもつこと、世に周知のクラーク先生の名言を引用すれば、「青年よ大志を持て」Boys be ambitious!です。 これは決してとてつもない計画を立てろと … 続きを読む