カテゴリー別アーカイブ: 神社シリーズ

飛騨國 櫻山八幡宮

江戸時代以来の城下町の中心、商人町として発達した上町、下町の三筋の町並を合わせて「古い町並」(国指定重要伝統的建造物郡保存地区)と呼び、その景観から「飛騨の小京都」とも称されている「飛騨高山」。この「古い町並」の北東に鎮 … 続きを読む

鶴 岡 八 幡 宮

鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう) 鎌倉は、古代から中世への転換期において武家が初めて政権を樹立した場所であり、鶴岡八幡宮はその中心地に豪壮華麗な姿を保ち鎮座されている。 御祭神は応神天皇・比売神(ひめがみ)・神功皇后( … 続きを読む

鎌 倉 宮

古都鎌倉。その北東の地、二階堂の山裾に鎮座されているのが鎌倉宮。 御祭神の大塔宮護良親王(おおとうのみやもりながしんのう)は延慶(えんきょう)元年(一三〇八)に後醍醐天皇の皇子としてご誕生。後、比叡山延暦寺に入室、尊雲法 … 続きを読む

相模國一之宮 寒川神社

相模國一之宮 寒川神社  相模湾に注ぐ相模川北方、その東岸に位置するのが寒川神社。往古には一之鳥居あたりまで入海だったらしい。緑の樹々の茂った参道を歩み、神門をくぐると、そこには絢爛に輝く銅板葺・総木曽檜造りの御本殿のほ … 続きを読む

箱根神社

芦ノ湖の東岸、駒ヶ岳の南麓に鎮座されている箱根神社。その参道には赤い鳥居、天を突く杉の木と緑の樹木が生い茂り、朱色の社殿との対照は目にも鮮やかに映り、広々とした境内には絶えず凛とした気が流れている。 箱根神社は、古来関東 … 続きを読む

伊豆國霊社 熱海 來宮神社

熱海は、海・山・温泉など自然を愛でる一大保養地としてその名を知られている。來宮神社は古くから来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって、伊豆の来宮の地に鎮座し、来福・縁起の神として多くの信仰を集めている。 御祭神の大己( … 続きを読む

伊豆国一宮  三嶋大社

富士山の伏流水が湧き出し、「町中を水量たっぷりの澄んだ小川が…隈なく駆けめぐり 清冽な流水の底には 水藻が青々と生えて…」と太宰治が記した「水の都、三島」、その中心部に鎮座する三嶋大社。 御祭神は大山祇命・積羽八重事代主 … 続きを読む

富士山本宮浅間神社

伊勢の神宮 豊受大神宮(外宮)

「伊勢へゆきたい 伊勢路がみたい せめて一生に一度でも」と唄われ、「お伊勢さん」と親しまれる伊勢の神宮は、二千年という悠久の歴史を有し、日本人の「心のふるさと」といわれ、皇室の御祖神(みおやがみ)をお祭りする神社として、 … 続きを読む

伊勢 二見浦 二見興玉神社

伊勢 二見浦 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ) 「この神風の伊勢の国は 常世の浪の重浪(しきなみ)帰(よ)する国なり 傍(かた)国の可怜(うま)し国なり 是の国に居らむと欲(おも)ふ」と天照大神のお告げにあるように … 続きを読む