カテゴリー: 今週の一言, 新着情報   パーマリンク

「心花、静裡に開く」を願って

若者に話をする機会があった。その時、「一日の1%(約15分)を自分の教養を高めるためにぜひ有効に使うように」と説いた。どれだけの若者が自覚して実行してくれているだろうか。
安岡正篤先生の著書に「心花、静裡に開く」と。その中で「人間は改めて勉強するときとは別に思いがけない時、ふと目についた柱かけや扁額の文句などに、はっと心を打たれ、目をみはることが少なくない。・・・心の養いになり、決断の力になることも。・・・心花、静裡に開く・・・」
心の花は、静ずかな裡(うら、うち、なか・・・)に開くと。静かな場所・状態・環境で開花すると。寂寥、寂寞、静関を常に心掛けたいものである。 (積)