カテゴリー: 今週の一言, 新着情報   パーマリンク

運命と義命

大体運命というと皆が宿命的に考える.何と考えてもどうにもならない必然的な作用、これが運命であるという宿命論。
運命観の中の宿命観にとらわれたり、空しく堕しておる者が非常に多いのであります。
それでは運命ではありません。
運は動くという文字であり、めぐるという文字でありますから宿命観では運命にならない。運命はどこまでも自ら立てていく、自然の法則に従って自ら造っていく、つまり立命でなければなりません。
運命観を宿命観に陥れないで、よく運命の中に含まれておる思想的、実践的な意義、即ちこれが義命でありますが、この義命を明らかにして、常に自分が主体となって運命を打開していく。
これが本当の立命というもので、運命観というものは、宿命観を脱して、義命をあきらかにし、常に新しく立命していく、これが本当の意義であります。
『易と人生哲学』より