カテゴリー: 新着情報, 神社シリーズ   パーマリンク

長門二ノ宮 忌宮神社


長門二ノ宮 忌宮神社(いみんみやじんじゃ)

周防灘の満珠(まんじゅ)・干珠(かんじゅ)の二島は当社飛地境内で、神功皇后新羅ご凱旋の後、霊験あらたかなる満珠・干珠なる如意の珠を海に納めたところ島になったという。
城下町長府の中心に鎮座される忌宮神社、その境内は清らかな白砂が敷き詰められ、皇后お手植えの逆松(根幹)や宿禰公孫樹(すくねいちょう)など往時を偲ぶ事ができる。
当社は、第十四代仲哀天皇が九州の熊襲(くまそ)ご平定のために西下、穴門(長門)豊浦(とよら)宮を起こして七年間政務をとられた旧址にある。天皇はさらに筑紫の香椎に進出せられたが、一年にして崩御されたので、神功皇后は御遺骸を豊浦宮に帰らしめ、現在の長府侍町土肥山に殯斂(ひんれん)(仮埋葬)せられた。そして皇后はご懐妊中ながら、熊襲を煽動していた新羅征討をご決行、ご凱旋ののち、天皇の御神霊を豊浦宮に鎮祭せられた。これが当社の起源である。そのあと、皇后は皇子(後の応神天皇)をご安産になった。
くだって聖武天皇の御代に神功皇后を奉斎して「忌宮」ととなえ、さらに応神天皇をおまつりして「豊明宮」と称し、三殿別立の古社(延喜式内社)として栄えたが、中世の火災により中殿の忌宮に合祀したため次第に「忌宮」の名をもって呼ばれるようになった。古来より、文武の神(勝運の神)として歴朝の尊崇篤く、また安産の神として庶民より多くの信仰を受けてきた。
数方庭(すほうてい)祭(まつり)(山口県無形民俗文化財)とは、豊浦宮に新羅の塵(じん)輪(りん)が熊襲を煽動して攻め寄せたが、天皇御自ら弓矢を取って塵輪を射倒された。これを見た賊どもは色を失って退散した。皇軍は歓喜の余り矛をかざして塵輪の屍の周りを踊り回ったのが数方庭の起こりと伝えられ、毎年八月七日より十三日まで毎夜、男子は幟、女子は切籠と呼ぶ灯篭を吊るした笹竹を持って、鉦・太鼓に和して鬼石の周りを踊り舞う。天下の奇祭と呼ばれる勇壮かつ典雅な行事である。
忌宮神社由緒より