カテゴリー: 今週の一言, 新着情報   パーマリンク

青少年学徒に望む

世界的な紛糾を解決すべきものは、結局次代を担当する青少年学徒に
待つ外はない。 世界の識者も異口同音に、各国の勝敗は終にその国が
いかに優秀なる青少年子弟を有するかによって決すると断じている。
然るに日本の青少年は他国に比して、果たしてどれほど傑出している
か。 真の体力が鍛えられているであろうか。(中略)
明治の若者達のように粗衣粗食に堪え、米俵や炭俵を自由に扱ったり、
下駄履きで山野を跋渉し、 読書や 坐禅に徹夜して平気でいられるか
どうか試すがいい。更にまた、尊い精神が養われているであろうか。
学校の講義を聴き教科書を読み、 それを一通り理解暗誦して、短い
時間僅かの問題を課するに過ぎぬ皮相な試験に及第して、それを以て
卒業と心得ては、どうして精神などが養えようか。
おとなを恥じさせるような純真さ、若々しい情熱と気魄、不羈奔放
な理想と寝食も忘れる勉強ぶりをもって偉大な人物に私淑し、
万巻の書を読み、名山大川に遊び,酔生夢死にあきたらず、何か感
激に死のうとするような、やむにやまれぬ魂こそ、青年の尊い精神
である。
『続経世瑣言』より