カテゴリー: 新着情報, 神社シリーズ   パーマリンク

太宰府天満宮

一千年の緑のしずく。「木々の緑をつたって、光が降りそそぐ。千年を生きぬいた大樹からも、萌えるような新緑からも、生命力の輝きが、ほとばしっている。天神さまのやさしさが、あなたの上に、降りてくるように」。
太宰府天満宮は、菅原道真公(菅公)の御墓所の上に社殿を造営して、その神霊を御奉祀する神社で、学問の神、至誠の神として世の崇敬を集めている。
延喜三年(九〇三)二月二十五日、菅公は謫居(たっきょ)の地、南館(榎寺)において清らかな御生涯を終えられた。その後、御遺骸を牛車に乗せて進んだところ、間もなくその牛が伏して動かなくなった。これは菅公の御心によるものであろうとその聖地に御遺骸を葬った。京より追従した門弟味酒安行(うまさけのやすゆき)は延喜五年ここに墓所と神殿を創建、次いで左大臣藤原仲平は勅を奉じて太宰府に下って造営を進め、延喜十九年に御社殿を建立した。
醍醐天皇は大いに菅公の生前の忠誠を追想され延長元年(九二三)にもとの官職に戻された。そして一条天皇の正暦四年(九九三)には正一位左大臣、更に太政大臣を贈られ、天満大自在天神(天神さま)と崇められた。その後、何度も勅使の下向があり、朝廷の特別な崇敬をうける「二十二社」に準ぜられた。
菅公の御事蹟は我が国の文化興隆の上に大いなるものがある。菅公の建議によって遣唐使が廃止され、以後我が国独自の文化が隆々として興ったことはよく知られている。また、学者として「三代実録」の撰修に与かり、「類聚国史」を編集され、また詩人としては「菅家文草」「菅家後集」の詩集に公のすぐれた才能を今日に伝えている。
太宰府天満宮は、全国に一万二千社ある天神さまをお祀りする総本宮と称せられ、日本全国はもとより広く世の崇敬を集め、年間に一千万人の参拝がある。
大宰府天満宮由緒より