カテゴリー: 今週の一言, 新着情報   パーマリンク

乱世に生きる道(素心規)

一・
禍が福か、福が禍か、人間の私心でわかるものではありません。長い目で見て、正義を守り、陰徳を積みましょう。

ニ・
困窮に処するほど快活にしましょう。窮すれば通ずる、また通ぜしめるのが易(造化)、宇宙・人生の真理であり教えであります。

三・
乱世には余裕が大切です。余裕は心を養うことにより生じます。風雅もこの処にあるものです。

四・
世俗の交わりは心を痛めることが少なくありません。素心の交わりを持ちましょう。
※素心:利害や意見やそういう様々な世間の色に染まらぬ、生地のまゝの純白な心を素心といいます。
何の目的も打算もなく、最も気安く清浄につきあえるのが素心の交わりです。

五・
世事に忙しい間にも、寸暇を偸んで書を読み、道を学びましょう。