カテゴリー: 今週の一言, 新着情報   パーマリンク

われわれの学問

時代は変革する創造的力は大衆には無い。全ては個にそして核になるほど
偉大なエネルギーをもつように、時代も個人の力を通してのみ創造・建設
され得る。我々の学問とはこの個の力をなす核を学ぶことに他ならない。

学問は古今東西に渉るべきものだが、余程注意して内面的必然から辿って
ゆかぬと、雑学になる。
真に学問しようと思ったら仲々骨がおれるだが、それをおっくうがってい
ては駄目だ。

夢中に学問しているとすぐに時間がたつ。そこで夜も更けたから寝ようと
いうのでは大抵駄目になる。
『論語』に「朝に道を聞く、夕に死する、可なり」とは決して単なる形容
詞ではない、本当のことだ。
心身にこたえるし、明日が大変だと思っても、やってしまうだけの勇気を
持つことだ。“不惜身命”というが、学問でも芸術でも何でも同じだと思う。

その一方で我々は常日頃から、そうした多少無理な努力にも堪え得るだけ
の用意をしておくことも必要だ。むざむざ病気などしては遺憾なこと。
人生の一妙味といってよいが、そこにも自分を造ってゆく作業、獨の世界
がある。

『照心語録』より